メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  未発症の認知症への治療介入を検証

未発症の認知症への治療介入を検証

発症前段階のアルツハイマー病に抗体医薬の創薬研究を開始

2017年01月18日 07:15

3名の医師が参考になったと回答 

 認知症の有病率は上昇の一途を辿っている。このため、アルツハイマー病(AD)対策が重要視され、ADの根治療法として抗体医薬〔抗アミロイドβ(Aβ)抗体〕の開発が進められてきた。ところが、そのことごとくが成果を生み出せなかったという。治療介入時期の問題が指摘されるとともに、アミロイドイメージング技術の向上により軽度認知障害(MCI)以前の 超早期の段階である、「ADの病理変化はあるが認知機能は正常な時期」、すなわち"前臨症期AD(以下、プレクリニカルAD)"が提唱された。現在、この時期に対する介入研究が国内外で行われている。大阪市立大学大学院認知症臨床研究センターの嶋田裕之氏、同大学名誉教授の森啓氏に、プレクリニカルADへの介入を試みる意義について聞いた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  未発症の認知症への治療介入を検証