メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  わが国の妊産婦脳卒中の実態が明らかに

わが国の妊産婦脳卒中の実態が明らかに

Stroke誌に全国規模の調査報告

 2017年01月18日 14:22
プッシュ通知を受取る

 全国の脳卒中治療施設736施設を対象とした調査から、わが国の妊産婦における脳卒中の発症率や発症時期、病型別の予後などの詳細が明らかになった。京都大学大学院脳神経外科学講師の吉田和道氏らがStroke2016年12月27日オンライン版)に報告した。約2年間の追跡データに基づく妊娠中および産褥期の脳卒中(以下、妊産婦脳卒中)の発症率は、分娩10万件当たり10.2件と推定され、欧米諸国や台湾などから報告されている発症率と比べて低いものであった。また、これまで妊娠は脳卒中リスクを高めると考えられていたが、今回の研究における発症時期の分析結果などを踏まえると、産後にリスク上昇が認められたものの、妊娠自体による脳卒中リスクは低いことが示されたという。吉田和道氏による解説はこちら

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  わが国の妊産婦脳卒中の実態が明らかに

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09506205 有効期限:9月末まで