メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  論文の捏造は元社員か? 医師か?

論文の捏造は元社員か? 医師か?

ディオバン事件判決前に桑島巖氏が争点を整理

 2017年01月19日 10:30
プッシュ通知を受取る

〔編集部よりアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)バルサルタン(商品名ディオバン)に関する医師主導臨床研究のデータ改ざんをめぐる裁判が、昨年末(2016年12月)に結審した。今年3月16日に予定されている判決を前に、単行本『赤い罠--ディオバン臨床研究不正事件』(日本医事新報社、関連記事12)の著者であり、臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)理事長である桑島巖氏にディオバン臨床研究不正事件における裁判の争点について寄稿してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  論文の捏造は元社員か? 医師か?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06506209 有効期限:6月末まで