メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

論文の捏造は元社員か? 医師か?

ディオバン事件判決前に桑島巖氏が争点を整理

 2017年01月19日 10:30
プッシュ通知を受取る

〔編集部よりアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)バルサルタン(商品名ディオバン)に関する医師主導臨床研究のデータ改ざんをめぐる裁判が、昨年末(2016年12月)に結審した。今年3月16日に予定されている判決を前に、単行本『赤い罠--ディオバン臨床研究不正事件』(日本医事新報社、関連記事12)の著者であり、臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)理事長である桑島巖氏にディオバン臨床研究不正事件における裁判の争点について寄稿してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  論文の捏造は元社員か? 医師か?