メニューを開く 検索を開く ログイン

大出血に備えた大量輸血プロトコルとは?

 2017年01月19日 07:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 大量出血が予測される患者に対し、主に米国の外傷センターでは濃厚赤血球・新鮮凍結血漿(FFP)・濃厚血小板を全血に近い固定比率で投与する"Massive Transfusion Protocol(MTP)"が運用されている。しかし、MTPが大量出血患者の予後改善に寄与するというエビデンスは主に観察研究によるものであり、質の高いエビデンスに欠けること、日本での運用には、FFP溶解後3時間以内に使用する制約があるなどの課題が残る。大量出血患者に対するMTPの有効性のエビデンスについて、国立循環器病研究センター輸血管理室医長の宮田茂樹氏が第44回日本救急医学会(2016年11月17~19日)で総括した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  大出血に備えた大量輸血プロトコルとは?

error in template: found but mtif was expected