メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

日本の褥瘡ケア成功の鍵に2つの"世界初"

深部組織損傷の可視化と体圧センサー搭載寝具の開発

 2017年01月20日 07:10
プッシュ通知を受取る

 12月9~10日に第46回日本創傷治癒学会が開催され、同会長で東京大学大学院老年看護学/創傷看護学分野教授の真田弘美氏が、日本の褥瘡の現状から見た課題、臨床で使われるテクノロジーの発展、看護理工学・褥瘡対策の3点について講演を行った。外見に現れない深部組織損傷(DTI)や感染を早期に発見するため、同氏らは世界で初めてエコーによるDTIの可視化を実現したと述べた。さらに、同氏らが開発した体圧変換のためのロボティクスマットレスを用いたランダム化比較試験(RCT)を実施しており「日本から世界に向けて、初めて発信することが可能となる」と期待を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  日本の褥瘡ケア成功の鍵に2つの"世界初"