メニューを開く 検索 ログイン

日本の褥瘡ケア成功の鍵に2つの"世界初"

深部組織損傷の可視化と体圧センサー搭載寝具の開発

2017年01月20日 07:10

 12月9~10日に第46回日本創傷治癒学会が開催され、同会長で東京大学大学院老年看護学/創傷看護学分野教授の真田弘美氏が、日本の褥瘡の現状から見た課題、臨床で使われるテクノロジーの発展、看護理工学・褥瘡対策の3点について講演を行った。外見に現れない深部組織損傷(DTI)や感染を早期に発見するため、同氏らは世界で初めてエコーによるDTIの可視化を実現したと述べた。さらに、同氏らが開発した体圧変換のためのロボティクスマットレスを用いたランダム化比較試験(RCT)を実施しており「日本から世界に向けて、初めて発信することが可能となる」と期待を示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  日本の褥瘡ケア成功の鍵に2つの"世界初"

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD506071 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外