メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  外来での患者対面時間は全体の3割

外来での患者対面時間は全体の3割

【海外短報】

 2017年01月23日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 外来を担当する医師は患者と向き合う時間の2倍近くを電子カルテ入力(EHR)やデスクワークに費やしていることが、米国医師会のグループの調査で明らかになった。Ann Intern Med2016; 165: 753-760)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、米国4州(イリノイ、ニューハンプシャー、バージニア、ワシントン)の4診療科(家庭医、一般内科医、循環器内科医、整形外科医)から57人の医師を選定。これらの医師が外来を担当した計430時間を観察し、患者との対面時間、EHRやデスクワークなどに費やした時間の割合について調べた。

 その結果、全外来時間のうち医師が患者と直接向き合っていた時間は27.0%だった。一方、EHRとデスクワークに費やされた時間は49.2%で、2倍近かった。外来で検査を行った場合の時間の割合は患者との対面が52.9%、EHRとデスクワークが37.0%であった。

 また、外来勤務後に勤務日誌を付けていた21人の記録から、主にEHRなどの業務に夜間1〜2時間が費やされていることも明らかになった。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  外来での患者対面時間は全体の3割

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11506249 有効期限:11月末まで