メニューを開く 検索を開く ログイン

点頭てんかんの第一選択薬に

ビガバトリン 視野障害早期発見のため全例登録制導入

 2017年01月23日 15:55
プッシュ通知を受取る

 2016年に日本で承認された4種類のてんかん薬の1つであるビガバトリン(VGB)は、点頭てんかんに対して製造販売承認された。埼玉県立小児医療センター神経科部長の浜野晋一郎氏は「VGBの副作用である不可逆性視野障害を早期発見するため、全例登録制が導入されているが、点頭てんかん、結節性硬化症に伴う点頭てんかんに対して有効性が高いことから、第一選択薬の1つとされる」と第50回日本てんかん学会で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  点頭てんかんの第一選択薬に

error in template: found but mtif was expected