メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  正しい培養検査に3つのポイント

正しい培養検査に3つのポイント

採取、検出、解釈における留意点

 2017年01月23日 16:15
プッシュ通知を受取る

 術後感染症のマネジメントにおいて、感染症の原因微生物を特定するためには、適切な培養検査が必要となる。虎の門病院臨床感染症科の荒岡秀樹氏は、培養検査においてつまずきやすい、留意すべきポイントを①検体採取②原因微生物の検出③検査結果の解釈-という3段階に分けて第29回日本外科感染症学会(2016年11月30日~12月1日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  正しい培養検査に3つのポイント

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07506255 有効期限:7月末まで