メニューを開く 検索を開く ログイン

正しい培養検査に3つのポイント

採取、検出、解釈における留意点

 2017年01月23日 16:15
プッシュ通知を受取る

 術後感染症のマネジメントにおいて、感染症の原因微生物を特定するためには、適切な培養検査が必要となる。虎の門病院臨床感染症科の荒岡秀樹氏は、培養検査においてつまずきやすい、留意すべきポイントを①検体採取②原因微生物の検出③検査結果の解釈-という3段階に分けて第29回日本外科感染症学会(2016年11月30日~12月1日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  正しい培養検査に3つのポイント