メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  白ワインでメラノーマリスク上昇

白ワインでメラノーマリスク上昇

【海外短報】

 2017年01月24日 07:05

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 白ワインの摂取がメラノーマのリスクを高める可能性があることを示す研究結果が、米・HarvardUniversityのグループによりCancerEpidemiolBiomarkersPrev(2016; 25: 1550-1558)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 アルコールは多くのがん種においてリスク上昇と関係するが、メラノーマとの関係は明らかではない。同グループは、アルコール摂取がメラノーマのリスクと関係しているかどうかを検討した3件の大規模前向きコホート研究のデータを統合し、解析した。いずれの研究でも、アルコール摂取量は食物摂取頻度調査票により繰り返し評価されていた。

 計385万5,706人・年の追跡で1,374例に浸潤性メラノーマの発症が認められた。多変量解析の結果、アルコールの多量摂取はメラノーマの発症と関係し、ハザード比(HR)は1.14(95%CI1.00〜1.29、傾向性のP=0.04)であった。アルコール飲料の種類では、白ワインがメラノーマの有意なリスク上昇と関係していた(1日1杯摂取当たりのHR1.13、同1.04〜1.24、傾向性のP<0.01)。

 アルコール摂取とメラノーマの関係は、紫外線に曝露しやすい頭頸部や手足よりも、紫外線への曝露が少ない体幹部のメラノーマで強かった。アルコール非摂取群と比較した1日20g以上アルコール摂取群のメラノーマ発症HRは、頭頸部・手足で1.02(95%CI0.64〜1.62、傾向性のP=0.25)、体幹部で1.73(同1.25〜2.38、傾向性のP=0.02)であった。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  白ワインでメラノーマリスク上昇

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506264 有効期限:10月末まで