メニューを開く 検索 ログイン

キイトルーダの特許侵害訴訟問題が決着

2017年01月24日 17:25

 ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)の販売などに関する特許侵害訴訟問題が決着した。小野薬品工業および米・ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)社は、両社とPD-1を発見した本庶佑氏との共有に関する抗PD-1抗体ニボルマブ(商品名オプジーボ)の用途特許および物質特許を保有しているとのことで、同じく抗PD-1抗体であるペムブロリズマブを開発・販売する米・Merck社に対し、特許侵害訴訟を起こしていた。しかし両社はこのたび和解、ライセンス契約を締結した。これにより、Merck社は小野薬品工業およびBMS社に対し、頭金として6億2,500万ドルを支払う他、ロイヤルティとして2023年まではペムブロリズマブの全世界売上の6.5%を、2024年〜26年は2.5%を支払うことになった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  キイトルーダの特許侵害訴訟問題が決着