メニューを開く 検索を開く ログイン

キイトルーダの特許侵害訴訟問題が決着

 2017年01月24日 17:25
プッシュ通知を受取る

 ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)の販売などに関する特許侵害訴訟問題が決着した。小野薬品工業および米・ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)社は、両社とPD-1を発見した本庶佑氏との共有に関する抗PD-1抗体ニボルマブ(商品名オプジーボ)の用途特許および物質特許を保有しているとのことで、同じく抗PD-1抗体であるペムブロリズマブを開発・販売する米・Merck社に対し、特許侵害訴訟を起こしていた。しかし両社はこのたび和解、ライセンス契約を締結した。これにより、Merck社は小野薬品工業およびBMS社に対し、頭金として6億2,500万ドルを支払う他、ロイヤルティとして2023年まではペムブロリズマブの全世界売上の6.5%を、2024年〜26年は2.5%を支払うことになった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  キイトルーダの特許侵害訴訟問題が決着