メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  キイトルーダの特許侵害訴訟問題が決着

キイトルーダの特許侵害訴訟問題が決着

 2017年01月24日 17:25

 ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)の販売などに関する特許侵害訴訟問題が決着した。小野薬品工業および米・ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)社は、両社とPD-1を発見した本庶佑氏との共有に関する抗PD-1抗体ニボルマブ(商品名オプジーボ)の用途特許および物質特許を保有しているとのことで、同じく抗PD-1抗体であるペムブロリズマブを開発・販売する米・Merck社に対し、特許侵害訴訟を起こしていた。しかし両社はこのたび和解、ライセンス契約を締結した。これにより、Merck社は小野薬品工業およびBMS社に対し、頭金として6億2,500万ドルを支払う他、ロイヤルティとして2023年まではペムブロリズマブの全世界売上の6.5%を、2024年〜26年は2.5%を支払うことになった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  キイトルーダの特許侵害訴訟問題が決着

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506269 有効期限:10月末まで