メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  オプジーボ、胃がんでも全生存期間延長

オプジーボ、胃がんでも全生存期間延長

日本、韓国、台湾・第Ⅲ相試験

 2017年01月24日 17:43
プッシュ通知を受取る

 昨年末、「治癒切除不能な進行・再発胃がん」を適応として、免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1(programmed cell death-1)モノクローナル抗体のニボルマブ(商品名オプジーボ)について一部変更承認申請が行われた(関連記事)。同申請のもととなった試験データである二重盲検ランダム化比較第Ⅲ相試験(ONO-4538-12試験)の試験結果の詳細が、今月米国で開催された2017 Gastrointestinal Cancer Symposium (ASCO-GI 2017)で発表された。小野薬品工業のリリースによると、進行胃がんに対する同薬単剤投与により、対照のプラセボ群に対して全生存期間(OS)の有意な延長が示されたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  オプジーボ、胃がんでも全生存期間延長

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10506278 有効期限:10月末まで