メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  非空腹時TG血症と急性膵炎の関係

非空腹時TG血症と急性膵炎の関係

【海外短報】

 2017年01月25日 11:20

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 非空腹時の軽度〜中等度の高トリグリセライド(TG)血症は急性膵炎のリスク上昇と関係すると、デンマークのグループがJAMAInternMed2016; 176: 1834-1842)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 重度の高TG血症は急性膵炎のリスクを高めるが、急性膵炎と関係するTGの閾値は明らかにされていない。同グループは、非空腹時の軽度〜中等度の高TG血症(177〜885mg/dL)が急性膵炎の発症と関係するかどうかを検討した。

 対象は、CopenhagenGeneralPopulationStudy(9万8,649例)とCopenhagenCityHeartStudy(1万7,901例)の計11万6,550例。中央値6.7年間の追跡で、非空腹時の血中TG値と急性膵炎および心筋梗塞(MI)発症との関係を検討した。

 多変量解析の結果、血中TG値89mg/dL未満群と比較した急性膵炎のハザード比(HR)は89〜176mg/dL群が1.6、177〜265mg/dL群が2.3、266〜353mg/dL群が2.9、354〜442mg/dL群が3.9、443mg/dL以上群が8.7であった。

 対応するMIのHRはそれぞれ1.6、2.2、3.2、2.8、3.4で、軽度〜中等度の高TG血症による急性膵炎発症リスクはMIよりも高い傾向が認められた。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  非空腹時TG血症と急性膵炎の関係

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506265 有効期限:10月末まで