メニューを開く 検索を開く ログイン

こまめな手袋交換・手指衛生が院内感染防ぐ

適切な創処置を動画でチェック

 2017年01月26日 07:05
プッシュ通知を受取る

 医療機関で感染症のアウトブレイクを防ぐためには、新たに監視対象となる菌が発生した部署における感染対策の確認、指導が不可欠である。帝京大学病院感染制御部の冬室純子氏は、感染管理認定看護師(CNIC)として取り組んできた同院の感染対策について、第29回日本外科感染症学会(2016年11月30日~12月1日)で説明した。医療者の同意を得た上で創処置時の手指衛生や防護具の着用状況を動画撮影しておき、後日、多数の医療者の視点からその様子を振り返った。その結果、適切なタイミングでこまめに手袋交換や手指衛生を心がけることの重要性が明らかとなり、創処置における感染対策が改善されたという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  こまめな手袋交換・手指衛生が院内感染防ぐ