メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  60歳以上の降圧、「SBP 150mmHg未満」を推奨

60歳以上の降圧、「SBP 150mmHg未満」を推奨

米国内科学会など

2017年01月26日 07:15

31名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 米国内科学会(ACP)と米国家庭医学会(AAFP)は1月17日、両学会が合同で策定した60歳以上の成人の降圧目標値に関するガイドライン(GL)をAnn Intern Med2017年1月17日オンライン版)で発表した。同GLでは、一部の高リスク例を除き、心血管イベントや死亡のリスク低減を目的とした収縮期血圧(SBP)の目標値として150mmHg未満を推奨。60歳以上のSBPと拡張期血圧(DBP)の目標値を150/90mmHg未満としたJNC 8(JAMA 2014; 311: 507-520)との足並みをそろえる形となった。一方、今回の発表を受け、米国心臓協会(AHA)会長は公式サイトで「より緩やかな降圧療法を行えば、国民に健康上の問題をもたらす可能性がある」と懸念を表明。AHAが米国心臓病学会(ACC)や米疾病対策センター(CDC)とともに推奨する140/90mmHg未満を目標値とすべきとの見解を示している。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  60歳以上の降圧、「SBP 150mmHg未満」を推奨