メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  飲酒量の増加が糖尿病リスクに

飲酒量の増加が糖尿病リスクに

ALDH2低活性者の飲酒習慣でインスリン分泌が低下

 2017年01月27日 07:10
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)低活性者では飲酒量の増加が糖尿病リスクになる可能性が示唆される。東海大学八王子病院健康管理センター長の高橋英孝氏がALDH2活性と飲酒習慣・インスリン分泌の関係について第51回日本成人病(生活習慣病)学会(1月14~15日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生にとって梅雨時に困ることは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  飲酒量の増加が糖尿病リスクに

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06506285 有効期限:6月末まで