メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

飲酒量の増加が糖尿病リスクに

ALDH2低活性者の飲酒習慣でインスリン分泌が低下

 2017年01月27日 07:10
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)低活性者では飲酒量の増加が糖尿病リスクになる可能性が示唆される。東海大学八王子病院健康管理センター長の高橋英孝氏がALDH2活性と飲酒習慣・インスリン分泌の関係について第51回日本成人病(生活習慣病)学会(1月14~15日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  飲酒量の増加が糖尿病リスクに

error in template: found but mtif was expected