メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  正常血清リン値でも末期腎不全リスクに

正常血清リン値でも末期腎不全リスクに

3.4mg/dL以下に抑制を

 2017年01月27日 07:20
プッシュ通知を受取る

 経過観察期間中の慢性腎臓病(CKD)ステージ3~4の患者では、正常範囲内の血清リン値でも末期腎不全(ESRD)リスクになるため、治療により血清リン値3.4mg/dL以下に抑えることが有益である可能性がある。帝京大学内科地域医療支援寄付講座特別任用講師の熊谷天哲氏らが傾向スコアを用いた解析で明らかにし、第51回日本成人病(生活習慣病)学会(1月14~15日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  正常血清リン値でも末期腎不全リスクに

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08506289 有効期限:8月末まで