メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

外科診療の分業化、中間職種(NP、PA)の導入を

周術期管理に追われる非術者外科医師の不足の実態

 2017年01月30日 07:15
プッシュ通知を受取る

 外科医不足が問題となっているが、東京女子医科大学心臓血管外科講師の西田博氏は、外科診療において手術以外の業務を行う医師が不足している一方で、術者(を希望する)外科医師は手術症例数から見てむしろ過剰気味であるという実態を紹介。米国で40年以上前から活躍している非医師高度診療師であるナースプラクティショナー(NP)、フィジシャンアシスタント(PA)などの中間職種の導入がわが国でも急がれる、と第78回日本臨床外科学会(2016年11月24~26日)で主張した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  外科診療の分業化、中間職種(NP、PA)の導入を