メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  外科診療の分業化、中間職種(NP、PA)の導入を

外科診療の分業化、中間職種(NP、PA)の導入を

周術期管理に追われる非術者外科医師の不足の実態

 2017年01月30日 07:15

 外科医不足が問題となっているが、東京女子医科大学心臓血管外科講師の西田博氏は、外科診療において手術以外の業務を行う医師が不足している一方で、術者(を希望する)外科医師は手術症例数から見てむしろ過剰気味であるという実態を紹介。米国で40年以上前から活躍している非医師高度診療師であるナースプラクティショナー(NP)、フィジシャンアシスタント(PA)などの中間職種の導入がわが国でも急がれる、と第78回日本臨床外科学会(2016年11月24~26日)で主張した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  学会レポート »  外科診療の分業化、中間職種(NP、PA)の導入を

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506279 有効期限:10月末まで