メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  国際敗血症GL、改訂のポイントは?

国際敗血症GL、改訂のポイントは?

 2017年01月30日 07:05

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 Surviving Sepsis Campaign(SSC)、米国集中治療医学会(SCCM)、欧州集中治療医学会(ESICM)による敗血症・敗血症性ショック管理ガイドライン(GL)が改訂され、その概要が米・University of ChicagoのMichael D. Howell氏とAndrew M. Davis氏によりJAMA2017年1月19日オンライン版)に発表された。2016年度版GLでは早期管理に関する93の推奨項目を提示。抗菌薬の早期投与と感染巣のコントロールが治療の主軸であることに変わりはないが、初期蘇生における早期目標指向型管理法(early goal-directed therapy;EGDT)が「推奨しない」に変更になったことなどが改訂点になっている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  国際敗血症GL、改訂のポイントは?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506287 有効期限:10月末まで