メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  米で慢性特発性便秘に新規治療薬

米で慢性特発性便秘に新規治療薬

2017年01月30日 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 米食品医薬品局(FDA)は1月19日、慢性特発性便秘の治療薬としてグアニル酸シクラーゼC(GC-C)作動薬のplecanatide(商品名Trulance)を承認したと発表した。同薬を製造、販売する米・Synergy Pharmaceuticals社によると、同薬は内因性の消化管ペプチドであるウログアニリンの合成アナログで、腸管における水分の分泌を促進することで軟便化させ、腸の機能の正常化を促す作用を有するという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  米で慢性特発性便秘に新規治療薬