メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 yomiDr.へ戻る

iPS培養、新手法で簡単に...京大チーム発表、材料費は10分の1〔読売新聞〕

yomiDr. | 2017.02.01 13:50

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)などの培養にかかる手間を減らし、費用も抑えられる新たな手法を見つけたと、京都大のチームが発表した。

ym170202_pho1.jpg

 材料費の一部を10分の1程度に減らせる可能性があるという。論文が30日、英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

 iPS細胞などを培養する際、細胞を接着させる「のり」の役割を持つ材料を、事前に培養皿に付着させておく必要があり、この処理に1時間以上かかる。チームは、複数ある材料のうち「ラミニン511」というたんぱく質の断片を使えば、細胞に混ぜるだけで容器に細胞が接着することを確認した。量も、従来の10分の1で済んだ。

 チームの宮崎隆道・京大助教(幹細胞生物学)は「再生医療には大量の細胞を使うため、今回の手法がコスト削減につながると期待できる。心筋細胞の移植に使う場合、数百万円かかる材料費が、数十万円程度に抑えられる可能性がある」と話す。

(2017年0月0日 読売新聞)

ヨミドクター

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  yomiDr. >  iPS培養、新手法で簡単に...京大チーム発表、材料費は10分の1〔読売新聞〕