メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  エンパグリフロジンでイベント減、アジア人でも

エンパグリフロジンでイベント減、アジア人でも

EMPA-REG OUTCOME試験サブグループ解析

 2017年02月03日 07:00
プッシュ通知を受取る

 日本べーリンガーインゲルハイムは2月2日、同社が販売しているSGLT2阻害薬のエンパグリフロジン(商品名ジャディアンス)の心血管安全性を検証するために実施されたEMPA-REG OUTCOME試験のアジア人のサブグループ解析から、プラセボ群に比べエンパグリフロジン群において主要評価項目である複合心血管イベント(心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中)のリスクは32%低下した他、心血管死および全死亡のリスク低下も示されたと発表した。解析結果の詳細はCirc J2017; 81: 227-34)に掲載されている。論文の筆頭著者は川崎医科大学総合内科学特任教授の加来浩平氏。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  エンパグリフロジンでイベント減、アジア人でも

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11506353 有効期限:11月末まで