メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  AIで医師の治療選択を支援、がん研究会が発表

AIで医師の治療選択を支援、がん研究会が発表

2021年までにまずは肺・乳がんで実用化

 2017年02月03日 19:05
プッシュ通知を受取る

 がん研究会は1月31日、人工知能(AI)の開発を手がけるFRONTEOヘルスケアとの共同研究により、最先端のがんゲノム解析技術とAIを組み合わせた「がんプレシジョン医療」の実現化を進めると発表した。まずは今後5年間で肺がん、乳がんでの実用化を目指すという。

1702009_pho.jpg

左から野田哲生氏、中村祐輔氏。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  AIで医師の治療選択を支援、がん研究会が発表

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02506358 有効期限:2月末まで