メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  米国65歳以上の認知症有病率低下

米国65歳以上の認知症有病率低下

【海外短報】

 2017年02月04日 07:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 米国の認知症有病率が有意に低下していることが、米・University of Michiganのグループの研究で明らかになった。JAMA Intern Med2017; 177: 51-58)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 人口の高齢化により認知症患者が増加すると考えられているが、米国や他の高所得国の最近の研究では、年齢特異的認知症リスクは過去25年間で低下している可能性も示唆されている。同グループは、米国の65歳以上を代表する地域集団の経時的調査であるHealth and Retirement Study(HRS)のデータを用いて、2000年(1万546例)と2012年(1万511例)の認知症の有病率を比較した。

 HRSコホートの平均年齢は2000年が75.0歳、2012年が74.8歳で、女性の割合はそれぞれ58.4%、56.3%であった。解析の結果、認知症の有病率は2000年の11.6%から、2012年には8.8%(年齢および性で標準化後は8.6%)へと有意な低下を示した(P<0.001)。

 教育年数が長いことが認知症のリスク低下と関係し、教育年数は2000年の11.8年から2012年には12.7年に増えていた(P<0.001)。この期間に米国の高齢者における高血圧や糖尿病、肥満などの有病率は有意に高まっていたにもかかわらず、認知症の有病率は低下していた。

(編集部)

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  米国65歳以上の認知症有病率低下

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12506304 有効期限:12月末まで