メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

原因不明の流産に免疫寛容の破綻が関与か

 2017年02月07日 07:05
プッシュ通知を受取る

齋藤氏 胎児は母体にとって半異物であるが、母体に拒絶されることなく妊娠が継続されるためには免疫寛容が深く関連しており、免疫寛容の破綻によって流産、妊娠高血圧腎症(PE)が起こると考えられる。母子間免疫寛容や制御性T細胞(Treg)の役割をはじめ、流産、PE、早産と免疫の関連など、臨床に近づいてきた生殖免疫学について富山大学大学院産科婦人科学教室教授の齋藤滋氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  原因不明の流産に免疫寛容の破綻が関与か

error in template: found but mtif was expected