メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  原因不明の流産に免疫寛容の破綻が関与か

原因不明の流産に免疫寛容の破綻が関与か

 2017年02月07日 07:05
プッシュ通知を受取る

齋藤氏 胎児は母体にとって半異物であるが、母体に拒絶されることなく妊娠が継続されるためには免疫寛容が深く関連しており、免疫寛容の破綻によって流産、妊娠高血圧腎症(PE)が起こると考えられる。母子間免疫寛容や制御性T細胞(Treg)の役割をはじめ、流産、PE、早産と免疫の関連など、臨床に近づいてきた生殖免疫学について富山大学大学院産科婦人科学教室教授の齋藤滋氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

好物の魚は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  原因不明の流産に免疫寛容の破綻が関与か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10506297 有効期限:10月末まで