メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  在宅酸素患者の火災死亡事故が多発

在宅酸素患者の火災死亡事故が多発

厚労省が注意喚起

 2017年02月08日 17:55
プッシュ通知を受取る

 「喫煙などが原因と考えられる火災により在宅酸素療法を受けている患者が死亡する事故が繰り返し発生している」として、厚生労働省は昨日(2月7日)発出した医薬品・医療機器などの安全性情報で「在宅酸素療法を受けている間はたばこを吸わない」「酸素濃縮装置やボンベなどの周辺にストーブなどの火気を近づけない」ことなどについて、医療関係者や患者、その家族に対し注意を呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  在宅酸素患者の火災死亡事故が多発

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06506397 有効期限:6月末まで