メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  GOLD、COPDの重症度評価法を見直し

GOLD、COPDの重症度評価法を見直し

気流制限と症状の2本立てに

 2017年02月09日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease (GOLD)は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断・管理・予防戦略に関するレポートを4年ぶりに改訂、Global Strategy for the Diagnosis, Management, and Prevention of Chronic Obstructive Lung Disease(2017 Report)を発表した。重症度判定に用いられているABCD評価ツールを見直し、スパイロメトリーによる気流制限評価とは切り離して患者の症状・増悪頻度を直接に反映させるものとして提案している。同レポートはAm J Respir Crit Care Med2017年1月27日オンライン版)およびGOLDのウェブサイトに掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  GOLD、COPDの重症度評価法を見直し

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06506383 有効期限:6月末まで