メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  米の入院患者アウトカム、外国人医師に軍配

米の入院患者アウトカム、外国人医師に軍配

入院30日の死亡率、米国人医師との間に有意差

 2017年02月10日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 65歳以上のメディケア受給者約120万例の入院データを用いた観察研究から、米国内の医学部を卒業した内科医による治療を受けた患者に比べ、米国外の医学部出身の外国人医師による治療を受けた患者では死亡率が低いことが明らかになった。米・Harvard T.H. Chan School of Public Healthの津川友介氏らがBMJ2017; 356: j273)で報告した。この結果を踏まえ、同氏は自身のブログで「トランプ大統領の入国禁止令は、僻地医療を崩壊させるリスクがあるだけでなく、質の高い診療を行っている外国人医師を追い出すことになりかねない」と警鐘を鳴らしている(津川氏による解説記事はこちら)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  健康・公衆衛生 »  米の入院患者アウトカム、外国人医師に軍配

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04506403 有効期限:4月末まで