メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 解説へ戻る

【解説】「トランプ大統領令で医療の質低下」明示

米・Harvard T.H. Chan School of Public Health 津川友介

解説 | 2017.02.10 07:15

津川氏〔編集部から〕「米国人医師と比べ、米国外の医学部出身の外国人医師の方が、治療した患者のアウトカムが優れていた」とするメディケア受給者約4万4,000例の入院データを用いた観察研究の結果(BMJ 2017; 356: j273関連記事)が米国内外で話題を呼んでいる。論文の筆頭著者である米・Harvard T.H. Chan School of Public Healthの津川友介氏は、昨年(2016年)12月にも米国では男性医師に比べ女性医師の方が治療成績が優れていたとする観察研究の結果をJAMA Intern Med2017; 177: 206-213)に発表するなど、「医療の質」をテーマにさまざまな角度から研究に取り組んでいる。「今回、トランプ大統領の政策が米国医療の量と質の両面に悪影響を及ぼしていることを明らかにすることができた」という同氏に、研究の意義や今後の展望について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  解説 >  【解説】「トランプ大統領令で医療の質低下」明示