メニューを開く 検索を開く ログイン

C型肝炎、治療不成功例には「待機」の選択も

 2017年02月14日 07:15
プッシュ通知を受取る

 C型肝炎治療は、インターフェロン(IFN)フリー直接作用型抗ウイルス薬(DAA)により3カ月間での経口治療が可能になり、この2〜3年間で大きく変化した。武蔵野赤十字病院院長・消化器科の泉並木氏は、C型肝炎における最近の治療状況、実臨床の国内データを分析し、「今後のC型肝炎治療における課題は薬剤耐性変異だ」と主張。治療不成功例に対しては「治療待機」の選択も重要だとしている。(以下、併用は+、合剤は/で表示)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  薬剤情報 »  C型肝炎、治療不成功例には「待機」の選択も

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12506414 有効期限:12月末まで