メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 安全性情報へ戻る

「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

欧州で添付文書への追記を勧告

安全性情報 | 2017.02.14 07:20

 欧州医薬品庁(EMA)の医薬品安全性監視・リスク評価委員会(PRAC)は2月10日、現在進行中のカナグリフロジンを用いた2件の臨床試験(CANVAS、CANVAS-R)の中間解析データに基づき、「2型糖尿病患者に対するSGLT2阻害薬の使用で下肢切断リスクが上昇する可能性がある」とする警告を発出した。カナグリフロジン以外のSGLT2阻害薬についても「これまでにリスク上昇を示す報告はないが、データが限定的である」として、全てのSGLT2阻害薬について同リスク上昇の可能性があるとの警告を添付文書に追記するよう勧告している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  安全性情報 >  「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告