メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 学会レポートへ戻る

後期高齢者の肥満に減量は必要か?

サルコペニア・フレイル予防を考慮した肥満管理

学会レポート | 2017.02.15 07:10

 名古屋大学大学院地域在宅医療学・老年科学教授の葛谷雅文氏は、第20回日本病態栄養学会(1月13〜15日)で、サルコペニア・フレイル予防を考慮した後期高齢者の肥満管理について概説した。後期高齢者では特別な理由がない限りは積極的な減量は勧められないことや、減量を行う場合は食事療法だけでなく運動療法も実施し、筋肉量と骨密度の低下を予防する必要があることを強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  後期高齢者の肥満に減量は必要か?