メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく

ログインはこちら

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

キャンペーンコードをお持ちの方はこちら

メディカルトリビューンウェブについて詳しく(サービスご案内) 

 健康・公衆衛生へ戻る

黒人も嗅覚障害が認知症マーカー


【海外短報】

健康・公衆衛生 | 2017.02.15 07:05

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 認知症の初期症状として嗅覚の衰えが出現することが白人および黒人の両方で観察されたと、米・University of California, San FranciscoのグループがNeurology2017; 88: 456-462)に発表した。

続きを読む 

 嗅覚障害は認知障害の早期マーカーである可能性が示されているが、エビデンスはほぼ白人に限定されている。同グループは、地域在住の認知症がない白人と黒人の高齢者2,428例(70~79歳)を登録。3年目に測定した嗅覚機能と12年間の追跡における認知症発症との関係を検討した。

 その結果、嗅覚機能低下は認知症リスクと関係し、嗅覚機能の第3三分位群と比較した第1および第2三分位群の補正後のハザード比は、白人がそれぞれ3.34(95%CI 2.45~4.54)、1.84(同1.33~2.54)、黒人が2.03(同1.44~2.84)、1.42(同0.97~2.10)であった。

(編集部)

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

  1. 1

    老人ホームの朝食がランチパック?!

  2. 2

    医療機関にもっとマネジメントを

  3. 3

    予定帝王切開が小児喘息と関係する可能性

  4. 4

    子宮頸がん一次予防に初の国際ガイドライン

  5. 5

    変形性股関節症に新指針―米整形外科学会

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  健康・公衆衛生 >  黒人も嗅覚障害が認知症マーカー