メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 ガイドライン・診断基準へ戻る

ADA 糖尿病性神経障害の管理に指針

DSPNによる疼痛の管理アルゴリズムを提示

ガイドライン・診断基準 | 2017.02.16 07:15

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of MichiganのRodica Pop-Busui氏らは、糖尿病の慢性合併症の中でも発症頻度が高い糖尿病性神経障害の管理に関する米国糖尿病学会(ADA)の見解をポジション・ステートメントとしてまとめDiabetes Care2017; 40:136-154)で公開した。比較的研究が進んでいる遠位性対称性多発性神経障害(DSPN)と心血管自律神経障害(CAN)を中心に管理のポイントを提示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  ガイドライン・診断基準 >  ADA 糖尿病性神経障害の管理に指針