メニューを開く 検索 ログイン

ADA 糖尿病性神経障害の管理に指針

DSPNによる疼痛の管理アルゴリズムを提示

2017年02月16日 07:15

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

糖尿病2017

 米・University of MichiganのRodica Pop-Busui氏らは、糖尿病の慢性合併症の中でも発症頻度が高い糖尿病性神経障害の管理に関する米国糖尿病学会(ADA)の見解をポジション・ステートメントとしてまとめDiabetes Care2017; 40:136-154)で公開した。比較的研究が進んでいる遠位性対称性多発性神経障害(DSPN)と心血管自律神経障害(CAN)を中心に管理のポイントを提示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  ガイドライン・診断基準 »  ADA 糖尿病性神経障害の管理に指針

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD506436 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外