メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 安全性情報へ戻る

SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

ヒノキ花粉、PM2.5による皮膚炎が引き金か?

安全性情報 | 2017.02.16 07:00

 2014年の発売直後からSGLT2阻害薬投与例での皮膚障害の報告が相次いだが、その原因についてはいまだに統一的な見解は示されておらず、SGLT2阻害薬の処方をためらわせる要因の1つとなっている。それから3年たった今、ヒノキ花粉やPM2.5(微小粒子状物質)が皮膚障害の副作用に大きな影響を与えたとする仮説が報告された(J Clin Med Res2017; 9: 229-230)。皮膚障害の出方や時期などが当時のヒノキ花粉やPM2.5の飛散状況と符合し、説得力を持つ。報告した日本医科大学客員教授/HDCアトラスクリニック(東京都)院長の鈴木吉彦氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  安全性情報 >  SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説