メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 安全性情報へ戻る

SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

ヒノキ花粉、PM2.5による皮膚炎が引き金か?

安全性情報 | 2017.02.16 07:00

 2014年の発売直後からSGLT2阻害薬投与例での皮膚障害の報告が相次いだが、その原因についてはいまだに統一的な見解は示されておらず、SGLT2阻害薬の処方をためらわせる要因の1つとなっている。それから3年たった今、ヒノキ花粉やPM2.5(微小粒子状物質)が皮膚障害の副作用に大きな影響を与えたとする仮説が報告された(J Clin Med Res2017; 9: 229-230)。皮膚障害の出方や時期などが当時のヒノキ花粉やPM2.5の飛散状況と符合し、説得力を持つ。報告した日本医科大学客員教授/HDCアトラスクリニック(東京都)院長の鈴木吉彦氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    "Extreme risk"群を新設、LDL-C目標値を提示

  2. 2

    米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

  3. 3

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  4. 4

    維持できない体重減量はしない方がましか

  5. 5

    注目ワード「ケトン体」、これだけは知っておきたい

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  安全性情報 >  SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05506458有効期限:5月末まで