メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 臨床医学へ戻る

糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

一部で“寛解”も、STAMPEDE試験の最終解析

臨床医学 | 2017.02.16 15:25

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 代謝改善を目的とした手術(metabolic surgery)+強化薬物療法を受けたBMI 27~43の2型糖尿病患者では、強化薬物療法を単独で受けた患者に比べて5年後もHbA1c 6.0%以下を達成している割合が高く、一部では「寛解」に至っていたとする単施設ランダム化比較試験(RCT)STAMPEDE * 試験の成績が明らかになった。同試験についてはランダム化割り付けから1年後および3年後の解析結果が報告されており、いずれの時点でも手術の治療成績が優れていることが示されていたが(関連記事)、今回の最終解析でも手術による効果が長期的に持続することが示された。米・Cleveland Clinic Coordinating Center for Clinical ResearchのPhilip R. Schauer氏らがN Engl J Med2017;376:641-51)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  臨床医学 >  糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続