メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 yomiDr.へ戻る

熊本地震で被害大きな地域...夜泣きやおびえなど幼児の異変2倍〔読売新聞〕

yomiDr. | 2017.02.16 11:55

 熊本県は15日、熊本地震の幼児への影響を調べたアンケートの結果を発表した。被害の大きかった地域では1歳半児で約3割、3歳児で約5割が夜泣きなど異変があったとし、他の地域の約2倍に上った。

 熊本市などを除く20市町村で6~12月、幼児健診(1歳半、3歳対象)に訪れた保護者4767人に夜泣きやおびえなど心身の異変を複数回答で聞いた。

 発表によると、被害の大きかった益城町や南阿蘇村など14市町村では1歳半児の31%、3歳児の51%が「夜泣きが増えた」「必要以上におびえる」など、いずれかの項目に該当すると回答した。他の6市町村では1歳半児が15%、3歳児が28%だった。

(2017年2月16日 読売新聞)

ヨミドクター

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  yomiDr. >  熊本地震で被害大きな地域...夜泣きやおびえなど幼児の異変2倍〔読売新聞〕