メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 学会レポートへ戻る

運動療法、楽しく継続できる工夫を

保存期CKD患者のフレイル・サルコペニア対策

学会レポート | 2017.02.17 07:15

 聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーション部の平木幸治氏は、第20回日本病態栄養学会(1月13〜15日)で、保存期慢性腎臓病(CKD)患者のフレイル・サルコペニア対策としての運動療法に関する最近の知見を提示し、保存期のうちに運動介入を行う重要性を強調した。また、同院での保存期CKD患者に対する運動療法指導の実際を概説し、患者に楽しく運動を続けてもらうための工夫を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  学会レポート >  運動療法、楽しく継続できる工夫を