メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  運動療法、楽しく継続できる工夫を

運動療法、楽しく継続できる工夫を

保存期CKD患者のフレイル・サルコペニア対策

 2017年02月17日 07:15
プッシュ通知を受取る

 聖マリアンナ医科大学病院リハビリテーション部の平木幸治氏は、第20回日本病態栄養学会(1月13〜15日)で、保存期慢性腎臓病(CKD)患者のフレイル・サルコペニア対策としての運動療法に関する最近の知見を提示し、保存期のうちに運動介入を行う重要性を強調した。また、同院での保存期CKD患者に対する運動療法指導の実際を概説し、患者に楽しく運動を続けてもらうための工夫を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月14日は「世界糖尿病デー」。自身の診療領域の疾患啓発デーに対する認知度

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  運動療法、楽しく継続できる工夫を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11506425 有効期限:11月末まで