メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 臨床医学へ戻る

地中海食でCVD高リスク者のHDL機能を改善

スペイン・多施設共同RCT

臨床医学 | 2017.02.17 07:00

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 地中海食、特にバージンオリーブ油をふんだんに使った食事が、心血管疾患(CVD)高リスク患者の高密度リポ蛋白(HDL)機能を改善することが、ランダム化比較試験(RCT)で確認された。スペイン・Hospital del Mar Medical Research InstituteのMontserrat Fitó氏らが、Circulation2017年2月13日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2017年 >  臨床医学 >  地中海食でCVD高リスク者のHDL機能を改善