メニューを開く 検索を開く ログイン

栄養療法の有用性を示唆

サルコペニアの摂食嚥下障害

 2017年02月20日 07:10
プッシュ通知を受取る

 摂食嚥下障害は全身状態を低下させ、時に誤嚥により致死的な肺炎をもたらす。主な原因は脳血管障害とされてきたが、近年、サルコペニアにより嚥下機能が低下する"サルコペニアの摂食嚥下障害"という概念が提唱されている。超高齢化が進む日本において重要性が高まるこの病態と対策について、長崎リハビリテーション病院口のリハビリテーション推進室室長/栄養管理室室長の西岡心大氏が、第20回日本病態栄養学会(1月13〜15日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  栄養療法の有用性を示唆