メニューを開く 検索 ログイン

自己炎症性疾患を知ろう

膠原病などに埋もれているケースも

2017年02月21日 10:30

2名の医師が参考になったと回答 

 自己炎症性疾患は、1999年にKastnerらによって提唱された疾患概念。自己免疫とは異なる自己炎症という病態を共通基盤とする希少疾患群である。多くは新生児~小児期に発症するが、膠原病などの中に埋もれて見逃されているケースもある。治療体系が整備され有効な薬剤が存在する疾患もあるので、診断が付けばQOLや予後の改善が見込める。京都大学大学院発達小児科学准教授の西小森隆太氏は、一般臨床の場での気付きが重要としており、「代表的な疾患の臨床像を知っておき、"もしかしたら"と思ったら患者を専門施設に紹介してほしい」と呼びかけている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  自己炎症性疾患を知ろう

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD506475 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外