メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  22~24週の超早産児、生存率が向上

22~24週の超早産児、生存率が向上

神経発達障害の増加は見られず、米調査

 2017年02月21日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 妊娠22~24週の極めて早期に出生した児は死亡するか、生存してもさまざまな神経発達障害が残る場合が多い。こうした生存と死亡の境となる時期に出生した "periviable infant(以下、periviable児)"の生存率が近年、向上していることが報告されている。米・Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child HealthのNoelle Younge氏らは、こうしたperiviable児の神経発達面でのアウトカムを明らかにするため、2000~11年に米国の11施設で出生したperiviable児4,000例超のデータを分析。その結果、修正月齢18~22カ月時における生存率は経時的に向上していただけでなく、神経発達障害を伴わずに生存している割合も上昇していることが明らかになったとN Engl J Med2017年2月16日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  22~24週の超早産児、生存率が向上

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09506476 有効期限:9月末まで