メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  「ADHDは脳の障害」最大規模の研究で確認

「ADHDは脳の障害」最大規模の研究で確認

 2017年02月21日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 世界各国の3,200例超の注意欠如・多動性障害(ADHD)患者群と非ADHD患者である対照群の脳MRIに基づく過去最大規模の研究から、ADHD患者群では対照群に比べて皮質下の5領域の容積が有意に小さいことが明らかになった。オランダ・Radboud University Medical CenterのMartine Hoogman氏らがLancet Psychiatry2017年2月15日オンライン版)で報告した。サンプルサイズの大きさを武器に、これまでの研究でADHDとの関連が示されていた尾状核と被殻に加え、扁桃体、側坐核、海馬との関連が裏付けられた。同氏らは「ADHDは複数の脳領域の発達遅延を伴う脳障害と見なすべき」として、この知見をADHD患者に対する偏見の払拭に役立ててほしいと強調している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者への食事指導で何を強調?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  「ADHDは脳の障害」最大規模の研究で確認

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09506480 有効期限:9月末まで