メニューを開く 検索を開く ログイン

【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

産業医科大学医学部 第1内科 教授 田中良哉

 2017年02月22日 10:40
プッシュ通知を受取る

【編集部から】メトトレキサート(MTX)による治療に反応しない関節リウマチ(RA)患者を対象に、既存治療に加えてヤヌスキナーゼ(JAK)1/2阻害薬バリシチニブ、プラセボ、腫瘍壊死因子(TNF)α阻害薬アダリムマブのいずれかを投与して有効性および安全性を比較検討したRA-BEAM試験の成績がN Engl J Med2017; 376: 652-662)に掲載された(関連記事)。同試験では、RA治療において経口薬として初めて、点滴や注射による生物学的製剤を用いた治療を上回るバリシチニブの有効性が示された。論文著者で、同薬の開発試験に中心的に関与した産業医科大学医学部第1内科教授の田中良哉氏に、同試験の意義について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果