メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  うつ病関連の不定愁訴があればすぐ介入を

うつ病関連の不定愁訴があればすぐ介入を

働く女性のメンタルヘルス

 2017年02月24日 07:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省の調査1)によると、近年わが国の自殺者数は減少傾向にあるが、依然20〜30歳代の死因の1位は自殺であり、この年齢層の医療従事者にとっても自殺の引き金となりうる精神疾患のリスクは無視できない。藤田保健衛生大学精神神経科学講座教授の内藤宏氏は、若手女性医師の自殺事例を検証しながら、女性医療従事者の心のケアについて解説。身体面、行動面などに現れる症状や不定愁訴を早期に発見し、対策を講じなければならないと第10回日本性差医学・医療学会(1月28~29日)で論じた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  うつ病関連の不定愁訴があればすぐ介入を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10506502 有効期限:10月末まで