メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  妊娠糖尿病で早産や先天異常などのリスク増

妊娠糖尿病で早産や先天異常などのリスク増

フランス・分娩70万件の観察研究

 2017年02月27日 11:50
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 フランスの約70万件の分娩データを用いた研究から、妊娠糖尿病(GDM)が早産や出生児の先天異常といった複数の有害な周産期アウトカムのリスク上昇に関連することが示された。同国・National Health Insurance (NHI)のCécile Billionnet氏らがDiabetologia2017年2月15日オンライン版)で報告した。特にインスリン療法を受けていたGDM患者では、食事療法のみの患者に比べ、これらの周産期リスクが高かったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  妊娠糖尿病で早産や先天異常などのリスク増

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06506569 有効期限:6月末まで