メニューを開く 検索を開く ログイン

妊娠糖尿病で早産や先天異常などのリスク増

フランス・分娩70万件の観察研究

 2017年02月27日 11:50
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 フランスの約70万件の分娩データを用いた研究から、妊娠糖尿病(GDM)が早産や出生児の先天異常といった複数の有害な周産期アウトカムのリスク上昇に関連することが示された。同国・National Health Insurance (NHI)のCécile Billionnet氏らがDiabetologia2017年2月15日オンライン版)で報告した。特にインスリン療法を受けていたGDM患者では、食事療法のみの患者に比べ、これらの周産期リスクが高かったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  臨床医学 »  妊娠糖尿病で早産や先天異常などのリスク増

error in template: found but mtif was expected