メニューを開く 検索を開く ログイン

スタチンでがん死亡リスク低下の可能性

4万例超の国内多施設コホート研究

 2017年02月28日 16:10
プッシュ通知を受取る

 山梨大学大学院社会医学講座准教授の横道洋司氏は、脂質異常症患者4万例超を対象とした多施設コホート研究の結果、スタチン投与により、がんによる死亡、特に大腸がん死を減少させる可能性が示唆されたと第27回日本疫学会(1月25〜27日)で報告した。この結果はJ Epidemiol2017年2月11日オンライン版)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月の米大統領選、トランプ氏に挑む民主党候補者は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  スタチンでがん死亡リスク低下の可能性

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P02506592 有効期限:2月末まで