メニューを開く 検索 ログイン

動脈硬化予防GLの骨子まとまる

改訂案を提示

2017年03月01日 07:05

1名の医師が参考になったと回答 

 日本動脈硬化学会は、5年ぶりに改訂する「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」(以下、2017年版)の骨子が固まったとして、1月29日に宮崎市で開かれた動脈硬化教育フォーラムで作成委員長の木下誠氏(帝京大学客員教授)が概要を発表した。今回、クリニカルクエスチョン(CQ)とシステマチックレビューの部分的な導入や絶対リスクの評価法の変更、冠動脈疾患の二次(再発)リスクが高い病態の追加などが盛り込まれるという。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  動脈硬化予防GLの骨子まとまる

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD506479 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外