メニューを開く 検索 ログイン

「脳梗塞直後にスタチン開始」予後に影響せず

兵庫医大・吉村紳一氏らの多施設共同RCT、国際脳卒中学会で発表

2017年03月01日 13:20

5名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 (C)American Heart Association

 これまで、スタチン療法は脳梗塞の再発リスクを低下させることがランダム化比較試験(RCT)で示されているが、脳梗塞の発症直後からスタチン療法を開始することによる機能的予後への影響に関しては十分なデータがなかった。兵庫医科大学脳神経外科学主任教授の吉村紳一氏らの研究グループは、日本の急性期脳梗塞患者270例を対象に、発症から24時間以内または7日後にスタチン療法を開始することによる90日後の機能的自立度への影響を比較検討した、初の多施設共同RCTであるASSORT試験を実施。同療法を開始するタイミングが発症直後と7日後で機能的自立度に差はないとする成績を国際脳卒中学会(ISC 2017、2月22~24日、ヒューストン)で報告した。試験のポイントと今後の課題などに関する吉村氏の解説はこちら

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  「脳梗塞直後にスタチン開始」予後に影響せず

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD506597 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外