メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  「予想外の結果」、ASSORT試験のポイントは

「予想外の結果」、ASSORT試験のポイントは

【解説】兵庫医科大学脳神経外科学主任教授・吉村紳一氏

2017年03月01日 13:19

〔編集部から〕急性期脳梗塞患者に対して発症24時間以内にスタチン療法を開始しても、発症から7日後から開始した場合と比べて90日後の機能的予後に差がなかったとするASSORT試験の成績が明らかになった(関連記事)。「予想外だった」とする同試験の結果を国際脳卒中学会(ISC 2017、2月22~24日、ヒューストン)のLate Breaking Sessionで報告した兵庫医科大学脳神経外科学主任教授の吉村紳一氏に、同試験のポイントについて聞いた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  解説 »  「予想外の結果」、ASSORT試験のポイントは