メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  脳卒中直後の体位、機能的予後への影響は

脳卒中直後の体位、機能的予後への影響は

国際多施設共同RCTで検討

2017年03月02日 07:20

3名の医師が参考になったと回答 

 脳卒中を発症して間もない患者の体位は水平仰臥位にすべきか、あるいは頭位挙上にすべきか―。急性期脳卒中患者の体位による機能的予後への影響を明らかにするために実施された初のランダム化比較試験(RCT)となるHeadPoST試験の成績が、国際脳卒中学会(ISC 2017、2月22~24日、ヒューストン)で発表された。9カ国114施設の急性期脳卒中患者1万例超を対象に実施された同試験では、発症後24時間にわたって水平仰臥位を保った群と30度以上の頭位挙上を保った群で90日後の機能的自立度に差はないことが示された。オーストラリア・George Institute of Global HealthのCraig Anderson氏が報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  脳卒中直後の体位、機能的予後への影響は